サイト内検索
文字サイズ
色合い
Menu

歳末たすけあい・地域ふれあい募金

歳末たすけあい運動は、共同募金の一環として、区市町村の社会福祉協議会が中心となり毎年12月に実施しています。

この運動は、昭和27年、戦後の混乱により生活に困窮する人々に対する物資の持ち寄り運動として始まりました。

大田区では、自治会町会を通じて、募金袋をご家庭などにお配りし、募金をお願いするほか、街頭募金を実施し、ご協力をお願いしています。

《平成29年度 歳末たすけあい運動 街頭募金》

◆12月1日(金)午前10時30分~11時30分 JR蒲田駅
◆12月1日(金)午後2時00分~3時00分  JR大森駅
◆12月6日(水)午前10時30分~11時30分 JR蒲田駅
◆12月6日(水)午後2時00分~3時00分  JR大森駅
◆12月9日(土)午後1時30分~3時00分  JR蒲田駅

募金の使いみち

皆様からお寄せいただいた募金は、在宅の重度障害の方などへの見舞金としてお配りするほか、地域の方々が地域福祉を推進するために行うさまざまな活動に幅広く役立たせていただいております。

大田区で集められた募金は、全額大田区内の福祉活動に使われます。

歳末たすけあい募金を活用した事業の例

  • 地域ささえあい活動支援
  • ボランティア・区民活動推進事業
  • ほほえみ訪問事業
  • 車いすの貸出し
  • 介護者の育成、ボランティア活動の普及などを目的とした講座の開催
  • 児童・生徒等のための体験ボランティア活動
  • 福祉教育のための高齢者疑似体験器材等の貸出し
  • 88歳、100歳以上の方にお祝い品の贈呈
  • 権利擁護活動

お問合せ

地域連携係

大田社協のサービス

広報誌

大田社協からの情報を広報誌でチェック!

利用者・協力会員の声

皆様の声をお届けします。

サロン・居場所 検索

仲間や集える場所を見つけよう!

社協マップ

ふれあい・いきいきサロン、住民交流拠点(居場所)、車いすステーション 等

ページトップへ
Twitterへ