サイト内検索
文字サイズ
色合い
Menu

経営理念・経営方針

大田区社会福祉協議会は、社会福祉法第109条の規定に基づき、地域福祉の推進を図ることを目的とする団体として、次のような経営理念・経営方針のもとで事業に取り組んでいます。

経営理念

大田区社会福祉協議会は、このまちで暮らし、働き、学ぶ人々との信頼と協力に基づいて、豊かな福祉社会の実現を目指します。

経営方針

大田区社会福祉協議会は、公益性の高い団体として、安定した法人経営が求められているとともに、社会福祉法人としての性格上、経営の効率性を超えて必要なサービスの提供を求められるときがあります。 法人として、これらの「社会的責務」を担っていくためには、次に掲げる方針に基づいた経営を進め、日々の活動を通じて地域の期待に応えられる能力を培っていきます。

1)地域社会との連携強化

  1. 地域の課題を、地域の人々と協力して解決することに努めます。
  2. 地域福祉の推進に向けて、行政等と住民の橋渡し役を務めます。

2)権利の擁護と説明責任の徹底

  1. 個人の自己決定と選択を尊重し、個人の尊厳が護られる生活の実現を支援します。
  2. 会員、寄附者、福祉サービス利用者等とのコミュニケーションを積極的かつ丁寧に行い、社会福祉法人としての説明責任を果たします。

3)提供するサービスの向上と人材の育成

  1. 地域の人々等から寄せられる評価を謙虚に受け止め、法人が提供するサービスの質の向上に努めます。
  2. 業務に従事するすべての職員の能力の向上と全人的な成長を目的として、人材の育成と訓練を行います。

4)コンプライアンスと組織統治の確立

  1. 関係法令や法人としての理念、諸規程、社会的慣習等を遵守した経営に努めます。
  2. コンプライアンスを徹底し、適切な経営を可能とする体制を構築して、組織全体を統治します。

5)財務基盤の安定

  1. 適正な収益を確保し、安定的な財務基盤の確立に努めます。
  2. 経営状況や財務状況を正確に把握し、透明性の高い財務管理に努めます。

平成26年3月26日制定

広報誌

大田社協からの情報を広報誌でチェック!

利用者・協力会員の声

皆様の声をお届けします。

サロン・居場所 検索

仲間や集える場所を見つけよう!

社協マップ

ふれあい・いきいきサロン、住民交流拠点(居場所)、車いすステーション 等

ページトップへ
Twitterへ