サイト内検索
文字サイズ
色合い
Menu

大田区地域福祉活動計画

第5次 大田区地域福祉活動計画

大田区地域福祉活動計画(愛称:リボン計画)は、大田社協が呼びかけ、地域福祉の推進を目的に、地域住民の団体や福祉サービス事業者、大田区等と協力してまとめたものです。第5次となる今回の計画は、平成28年から平成32年までを計画期間としています。

計画のコンセプト

福祉ニーズの解決や地域福祉活動の充実に資する情報が、地域の中を円滑に循環するしくみ作りと、そのしくみの中核(プラットフォーム)を、大田区社会福祉協議会が担います。

計画の重点事業

第5次の計画では、「新しいしくみとして、地域に根付かせることを目的とした活動」を重点事業と定義し、2つの事業を位置づけています。

地域協働型連携事業

大田区社会福祉協議会が公益的活動に取り組む団体と新しい地域活動を企画し、費用負担や広報活動、進行管理等について役割分担を定めて事業を進めます。

この事業の愛称は、ラテン語で「新しい道」を意味する「Via Nova(ウィア ノア)」としています。

連携の対象とする団体
  1. 行政機関や社会福祉法人等
  2. 特定非営利活動促進法に基づき設立された団体
  3. 学術研究機関等で特に公共性や公益性が高い団体
  4. 特に公益性の高い事業を行う団体
  5. その他、会長が特に公益性が高い活動を行っていると認められる団体

地域協働型連携事業規程(抜粋)

第4条 協働活動は、定款第2条第1項に掲げる事業の範囲内で行うものとし、次の各号に掲げる条件をすべて満たさなければならない。

(1)次項に掲げる団体と協力し、事業の企画立案、進行管理その他事業の円滑な実施に必要な事項について、社協が一定の役割を分担すること。

(2)原則として、年間を通じて複数回実施することが期待でき、かつ、2年度以上継続することが見込まれること。

(3)大田区内で行うこと。ただし、会長が特に必要であると認められるときは、この限りでない。

地域担当制

正規職員を、大田区の4つ地域福祉課(大森、蒲田、調布、糀谷・羽田)の管轄するエリアごとにグループ化し、当該エリア専属の担当としています。

担当者は、担当する地域にある福祉的課題の把握と解決に向けて、地元の自治会町会や地区民生委員児童委員協議会をはじめ、様々な団体とネットワーク作りを進めています。

新しい取り組みやサービスの構築が求められるようになったときは、例えば「ウィア ノア」の枠組みを活用して、モデル事業の展開なども想定しています。

第5次地域福祉活動計画書(PDF)

広報誌

大田社協からの情報を広報誌でチェック!

利用者・協力会員の声

皆様の声をお届けします。

サロン・居場所 検索

仲間や集える場所を見つけよう!

社協マップ

ふれあい・いきいきサロン、住民交流拠点(居場所)、車いすステーション 等

ページトップへ
Twitterへ