サイト内検索
文字サイズ
色合い
Menu

HUG(避難所運営シュミレーションゲーム)の貸出

ボランティア・区民活動センターでは、防災と地域でのささえあいの意識を高めるための避難所の運営シュミレーションゲーム「HUG」(最大5セットまで)を地域の学校や団体に貸し出しています

対象

大田区内に所在する学校、施設、町会、自治会、企業、団体等

期間

7日以内

費料

無料

  • 器材の使用場所は、大田区内に限ります。
  • 営利を目的とする事業、参加者に費用負担を求める事業には貸し出しできません。
HUGってなあに?

日本は、世界有数の地震国であり、いつどこで大地震が発生しても不思議ではありません。大地震が発生した場合、家屋の倒壊や津波、火災、山・がけ崩れなどにより、被災した多くの人々が避難所での生活を強いられることになります。

もし、あなたが避難所の運営をしなければならない立場になったとき、最初の段階で殺到する人々や出来事にどう対応すれば良いのでしょうか。

避難所HUGは、避難所運営を皆で考えるためのひとつのアプローチとして静岡県が開発したものです。避難者の年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所の体育館や教室に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを模擬体験するゲームです。

プレイヤーは、思いのままに意見を出しあったり、話し合ったりしながらゲーム感覚で避難所の運営を学ぶことができます。

HUGは、H(hinanzyo避難所)、U(unei運営)、G(gameゲーム)の頭文字を取ったもので、英語で「抱きしめる」という意味です。避難者を優しく受け入れる避難所のイメージと重ね合わせて名付けました。

お問合せ

おおたボランティアセンター

大田社協のサービス

広報誌

大田社協からの情報を広報誌でチェック!

利用者・協力会員の声

皆様の声をお届けします。

サロン・居場所 検索

仲間や集える場所を見つけよう!

社協マップ

ふれあい・いきいきサロン、住民交流拠点(居場所)、車いすステーション 等

ページトップへ
Twitterへ