サイト内検索
文字サイズ
色合い
Menu

赤い羽根共同募金

赤い羽根共同募金は、1947年(昭和22年)に、戦争で打撃を受けた福祉施設や戦災孤児、生活困窮者の支援として始まりました。

現在は社会福祉法に基づき、地域福祉の推進に活用するため、例年10月に自治会・町会をはじめとする多くの皆さまのご理解・ご支援をいただきながら実施しています。

募金の使いみち

お寄せいただきました募金は、東京都共同募金会を通じて、地域の福祉施設・団体等の支援のために役立てられます。

令和元年度は、地域配分(B配分)として大田区では75の施設・団体に合計26,180,000円配分されました。

地域配分(B配分)は、大田区の募金額の65%を大田区の施設・団体で活用する配分です。申請は7月から9月に当社協で受け付けます。詳細は7月から当ホームページでお知らせいたします。

令和元年度の活用事例

・障害者のグループホーム

 冷蔵庫、エアコン、洗濯機、ガスコンロ、掃除機、温水洗浄便座の購入、社会適応訓練の実施 など

  • 障害者の就労支援施設

 利用者の日常生活訓練、社会生活訓練、宿泊訓練の実施、空き缶つぶし機、オーブンレンジの購入 など

  • 民間の保育園

 防災ずきん・ヘルメット、哺乳瓶乾燥保管庫、プール用ろ過機、ベビーカー、布団、エアコンの購入、オーニング(雨よけの可動式テント)の補修工事 など

  • 障害者団体

 宿泊訓練事業、レクリエーション行事、講座・研修の実施 など

  • 放課後等デイサービス

 親子交流事業、季節行事体験 など

お問い合わせ先

東京都共同募金会大田区協力会
事務局 大田区社会福祉協議会 総務課法人運営センター庶務担当

  • TEL:03-3736-2021
  • FAX:03-3736-2030

大田社協のサービス

広報誌

大田社協からの情報を広報誌でチェック!

利用者・協力会員の声

皆様の声をお届けします。

サロン・居場所 検索

仲間や集える場所を見つけよう!

社協マップ

ふれあい・いきいきサロン、住民交流拠点(居場所)、車いすステーション 等