サイト内検索
文字サイズ
色合い
Menu

公益財団法人 オリックス宮内財団「子ども食堂」応援プロジェクト(令和2年度下半期助成)

  • 助成金
  • 地域の情報
  • 2020年10月19日 掲載

公益財団法人オリックス宮内財団「子ども食堂」応援プロジェクト(令和2年度助成)

趣旨

公益財団法人オリックス宮内財団では、さまざまな事情による、子どもの孤食や欠食を防ぎ、地域ぐるみで子どもを大事にする場となる「子ども食堂」や「子ども等の居場所づくり」の取組みの充実にかかる経費の一部を助成しています。

このプロジェクトは、公益財団法人オリックス宮内財団からの助成金をもとに、ご飯を食べたり、宿題をしたり、遊んだり、子どもたちが安心して過ごすことのできる居場所づくりの取組みを広げるとともに、地域で子どもを見守る芽(目)を育てていくことを目的としています。

助成内容・助成金額

(1)子ども食堂の運営に対する助成(上限30万円以内)

年間の運営に必要な食費や会場の賃借料等を助成します。

例)運営に必要なランニングコスト、食材購入費用、会場の賃借料や水光熱費、子ども食堂をPRするためのチラシ作成経費、協力者(学生ボランティア等)の交通費、保険料など

(2)子ども食堂の開設拡充に伴う設備助成(上限30万円以内)

子ども食堂の開設拡充に必要な備品(食器や調理器具、家具等)の購入費用を助成します(既に開設している場合は、新たに必要となる備品の購入費用も含みます)。

例)冷蔵庫、電子レンジ、ガスコンロ、トースター、ホットプレート、包丁、食器、テーブルや椅子などの家具などにかかる費用

※(1)については、1団体につき年間1回限りの助成とします。

※(1)(2)両方で、上限60万以内を助成します。

対象団体

子ども食堂を運営し、次に掲げる要件を満たす団体であること。

  • 子ども食堂を特定の場所で月1回以上運営していること(但し、子ども食堂を新たに運営する場合は、令和3年3月末までに子ども食堂を開設し、月1回以上の運営を計画していること)。
  • 団体固有の口座を有していること。
  • 主な活動先の市区町村社会福祉協議会等の推薦が得られること。

助成対象期間

令和2年4月1日から令和3年3月31日までの期間に要する経費。

但し、新設の子ども食堂の場合は、開設日から1年間とする。

応募期間

令和2年10月1日(木曜日)~10月31日(土曜日)

※来期の募集も実施予定です。

申込み方法

下記の関係書類を添えて、応募期間内に、公益財団法人オリックス宮内財団へ申し込んでください。

(1)子ども食堂応援プロジェクト 令和2年度助成申請書

*大田区社会福祉協議会の推薦が必要となります。

(2)子ども食堂開設支援補助金の資料の一部となる、団体の定款・会則等の規約および役員等の名簿

(3)その他、事業に関する資料(記事、チラシ、写真、見積書など)


実施要項・申請書


問合せ・申込み先

【問い合わせ】

〇公益財団法人オリックス宮内財団 事務局

〒105-0023 東京都港区芝浦1-1-1

電話:03-6891-7916、ファクス:03-6891-7950


【問い合わせ・申込み先】

〇大田区社会福祉協議会

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-49-2

電話:03-3736-5555 、ファックス:03-3736-5590

mail:voc@ota-shakyo.jp


社協会員募集

社協活動にご協力ください!

地域貢献型の自販機!

1㎡から始められる地域貢献です。

サロン・居場所 検索

仲間や集える場所を見つけよう!

社協マップ

ふれあい・いきいきサロン、住民交流拠点(居場所)、車いすステーション 等