サイト内検索
文字サイズ
色合い
Menu

赤い羽根共同募金 平成30年度地域配分(B配分)申請募集

  • 助成金
  • 大田社協の情報
  • 2018年07月03日 掲載

東京都共同募金会では、都民の皆さまや各種協力団体、会社法人等からいただいた寄付金に基づき、東京都内の地域福祉ニーズに対応した配分を行っています。

地域配分(B配分)は、それぞれの地域でお寄せいただいた寄付金の一定割合を、その地域で活かすことを目的とした配分です。主に地域福祉を増進する事業を対象とします。

大田区内に所在する施設の申請書提出先は、「大田地区配分推せん委員会」です。

申請にあたっては、東京都共同募金会「平成30年度 地域配分(B配分)申請について<31年度使用>」、「地域配分(B配分)申請関係書類について」を必ずご確認ください。


申込資格

東京都の区域内に所在する地域福祉の推進を目的とする事業をおこなう各種民間社会福祉施設、団体等

※原則として、申請時点において、事業開始から1年を経過していること。(配分要綱第7条(1)のイ)

  1. 児童厚生施設(児童館)
  2. 保育施設(保育室・認証保育所を含む)
  3. 障がい児・者の地域生活支援及び就労支援を行う施設・団体
  4. 社会福祉関係通知等による施設
  5. その他(地域福祉の推進を目的とする団体で、地区配分推せん委員会において認められたもの)

会社法人が経営する施設、学校法人および特殊法人が運営する施設は対象になりません。

申請対象事業(概要)

◎平成31年度に購入・実施する事業が対象です


1 備品整備(日常的に使用する備品で、5年以上の使用が見込まれるもの。 消耗品は除く。

(1)利用者の生活のためのもの(職員のため・団体の事務管理用の備品は対象外)

(2)利用者が取り組む作業や就業訓練などで使用するもの

(3)利用者や地域住民が防災・災害時に使用するもの ←※今回から対象になりました


2 小破修理(賃貸物件に係るものは対象外)

   利用者が使用する建物などのトイレ・床・壁・扉などの改修、修理


3 研修・講習会など(利用者一人につき1回、一貫した目的を持った1事業)

(1)利用者の日常生活訓練に資するもの(宿泊訓練含む)

(2)利用者の社会生活訓練に資するもの(交流事業含む)

(3)利用者の生活向上のための講座、健康診断など

(4)利用者や地域住民を対象にした防災訓練・講習会等の開催に資するもの ←※今回から対象になりました


◎申請にあたっては次の事柄もご確認ください。

・地域福祉の向上に資すると判断され、寄附者の信頼に充分に応えられる事業であること

・施設・団体維持のための運営費(家賃、光熱水費、人件費など)は対象外

・申請は1施設・団体につき1事業に限る(例:目的の異なる2つ以上の備品整備事業や、備品整備と宿泊研修を合わせての申請はできません)

配分申請額

事業内容により5万円から50万円以内(万円未満切り捨て)

※配分申請額は、申請事業費総額の75%以内です。25%以上の自己負担が必要です。

申請書式

「地域配分(B配分)申請書」をダウンロードしてお使いください。

申請書の記入方法

「申請書記入要領」をご覧ください。

添付書類

 (1)備品整備、小破修理の場合は、見積書の写し。(送料、処分費など対象外の項目もありますが、それらが含まれている見積書は有効です)

 (2)事業実施の場合は、実施計画書(予算含む)。
    ※書式は任意。施設・団体の責任者名の記載・捺印等を伴うもの。

申請書提出期限

平成30年9月28日(金)必着

※複数の施設を運営する法人につきましては、施設ごとの申請書を法人で取りまとめのうえ、提出してください。

配分の決定について

平成31年3月下旬から4月上旬に文書で通知します。

配分金交付時期

平成31年6月(予定)

お問合わせ先

東京都共同募金会 事業部 配分担当

TEL:03-5292-3183

E-mail:haibun@tokyo-akaihane.or.jp

提出先

大田区社会福祉協議会 気付

東京都共同募金会 大田地区配分推せん委員会

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-49-2 大田区社会福祉センター6階

TEL:03-3736-2021 FAX:03-3736-2030

広報誌

大田社協からの情報を広報誌でチェック!

利用者・協力会員の声

皆様の声をお届けします。

サロン・居場所 検索

仲間や集える場所を見つけよう!

社協マップ

ふれあい・いきいきサロン、住民交流拠点(居場所)、車いすステーション 等

ページトップへ
Twitterへ